本文へスキップ

こどもカンガルー教室で伸びる子どもに

カンガルー教室program


3歳、4歳、5歳は「知力」が伸びる時期です。

学習イメージ

高い学力はどうすればみにつくのでしょうか。
小学校以降の学力を左右する鍵として、 「知力」(知的欲求力)が注目されています。
知力は性格と同じように幼児期に形成されます。
「勉強は楽しい」という経験を幼児期につむほど「知力」は伸びます。
「子どもカンガルー教室」は文字や数のお勉強を通して 「知力」(やる気)を育てるもっと進んだ幼児教育システムです。


子どもが知りたがっている時にこそ、文字や数を正しく教えてあげましょう。

学習イメージ

2・3歳ごろになると、子どもは「これ、なんと読むの?」とさかんに質問を します。
そして、積極的に文字を読んだり書いたりをしたがります。
知的な欲求が爆発的に高まる時期をむかえたのです。
この欲求を上手にくみあげてあけ るのは、保護者の役目です。
「文字は小学校で教えるがら」と放っておくと、子どもは白己流で覚え、まち がって読んだリ書いたりします。
一度まちがって覚えたら、直すのが大変。子 どもが知リたがっているときにこそ、正しく教えてあげましょう。
「子どもカンガルー教室」の教材は、文字や数を正しくしっかりと覚えていく システムになっています。


学習内容について

カンガル内容